プロジェクト紹介

太陽の船とは

大河ナイルが育んだ文明である古代エジプトにおいて、ナイルを行く船は最も重要な交通手段であった。そのため、古代エジプト人にとって旅とは船で出かけるものであった。ナイルを下るときはオールを使って漕ぎ、上るときは北風を受ける帆を広げて船を動かしていた。このことはヒエログリフにも明らかで、北へ旅することを表すヒエログリフは帆をたたんだ船で、一方、南へ旅することを表す文字は帆を張った船で表現されている。

古代エジプト人は毎日変わることなく繰り返される太陽の運行を永遠の秩序ととらえ、太陽神ラーとして信仰していた。そしてこの太陽神は、昼の間は「マアンジェト」という名の船に乗り天空を航行し、夜は「メセケテト」という船で冥界を移動すると考えられていた。太陽神と同一視されていた古代エジプトのファラオはこれらの船に乗り、永遠に航行を続けると考えられ、その様子は王墓内の壁画などにも頻繁に描かれた。

古代エジプトの人々は、太陽神に同行し、毎日天空と地下の世界を船でめぐる来世を思い浮かべた。永遠の航行に参加することは、永遠の存在と生命を得る一つの方法だと考え、王のように永遠の航行を続ける太陽の船の乗組員になることを願い、自分たちの墓にも船の絵を描いた。

セティ1世王墓の壁画

セティ1世王墓の壁画

雄羊の頭部を持つ姿で描かれた太陽神ラーが地下の世界を航行している。

ラムセス6世王墓の壁画

ラムセス6世王墓の壁画

天空を航行する太陽の船が数多く描かれている。

センネジェム墓の壁画

センネジェム墓の壁画

太陽神と密接な関係を持つベヌウ鳥(右)と太陽神ラー(中央)が乗る船で冥界を旅する死者。

ページトップへ